2019年9月13日金曜日

信太康代の歳時記⑬~白金『リーブル』のおいしいデザート~

昨日、白金にお住まいの生徒さんから素敵なデザートをいただきました。

















 
 

いただいたのは白金にある『リーブル』の「フリュレ」というお菓子。
 
『リーブル』は、開店した当時からテレビで紹介されていて、是非行ってみたいと思っていたお店でした。
そんな『リーブル』のお菓子をお土産にいただけて、とっても嬉しかったです。
 
 














『リーブル』の「フリュレ」シリーズは、フルーツをかたどった形がとても可愛いデザートです。
今回いただいたのはマンゴーのお味のものでした。
とろっとした舌触りのマンゴームースの中に、フレッシュのキウイや苺、パイナップル、マンゴーの果肉が詰まっています。

それを薄く、ぱりぱりとした食感のホワイトチョコレートで包んでいて、甘さと酸味のバランスが絶妙な、爽やかな一品でした。


私が白金に住んでいた時期の後半あたりから、デザートのお店が続々とオープンしていて、特に白銀高輪の方には今も新店舗がどんどん店を構えているようです。

今、話題のバスクチーズのお店なんかもあったりして、スイーツ巡りに行かれるのにもおすすめですよ!

『リーブル』の「フリュレ」シリーズはお土産にもぴったり。
気になる方は是非行かれてみてくださいね。


【『リーブル』公式サイトはこちら】
http://www.lef-libre.com/index.html

2019年9月3日火曜日

信太康代の歳時記⑫~日暮里『OshiOlive』「ガーリック&しいたけオイル」と「シーズニング」~

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
日暮里の街の路地奥にある、塩とオリーブの専門店『OshiOlive(おしおりーぶ)』。
先日、こちらで面白い商品「ガーリック&しいたけオイル」とごま味噌味の「サラダシーズニング」を購入したので、こちらをご紹介したいと思います。
 
 
『OshiOlive』の店内はウッド調のインテリアが落ち着いた雰囲気。
オリーブオイルや、フレーバーソルトなど、興味深い商品がぎっしりと並べられています。
スタッフの方が試食を気軽に勧めてくれるので、お気に入りの商品も見つけやすいですよ。


 



こちらがフレーバーオイルの「ガーリック&しいたけ」。
小豆島産のフレッシュなオリーブオイルに国産ガーリック、国産しいたけの風味がよく溶け込んでいます。
 
こちらがごま味噌味の「サラダシーズニング」。
胡麻の香ばしさと、味噌のコク深さがマッチした一品です。
サラダや、料理の調味料に使うのがおすすめだそうです。
 
 

今回はこちらの2商品を使って、和風のきのこパスタを作ってみました。
しいたけの風味とシーズニングのコク深さが加わって、味わい深い仕上がりになりました。
ガーリックの香りも食欲をそそります!
















きのこの味を引き立ててくれるので、これからの季節にもぴったり。
使い勝手のいい商品なので、ちょっとした贈り物にもおすすめです。
気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

【『OshiOlive(おしおりーぶ)』公式サイト】
http://oshiolive.jp/




信太康代の歳時記⑪~京都・太秦映画村近くの中華店・名物ラー油~















 
今でこそ一大ムーブメントを巻き起こし、沢山出回っている「食べるラー油」。
そのブームの火付け役は、京都・太秦(うずまさ)撮影所の近くにある中華料理店『菜館Wong(サイカンウォン)』のラー油だといわれています。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生徒さんが教えて下さったことがきっかけで知った、こちらのラー油。
レッスンの際に毎回注文されている方がいらっしゃるほど、ファンの多いラー油です。
今回は9月のブランチのメニュー、「よだれ鶏」のたれにこちらを使用しています。
 
辛みが程よく、にんにくチップが沢山入っていて、お豆腐にかけたり、茄子やきゅうりなどの夏野菜のお料理、様々なメニューによく合う味わいです。
 
今回、レッスンに合わせて沢山お取り寄せをしたので、今月のお教室で購入していただくこともできますよ!
 
 
【『菜館Wong』に関する情報はこちら】
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260402/26005945/

信太康代の歳時記⑩~アルマーニリストランテのアフタヌーンティー~




















先日、銀座 アルマーニブティックの最上階にあるレストランでアフタヌーンティーを楽しんで参りました。
地下鉄銀座駅直結で、雨の日でも気軽に行きやすいです。

店内はアルマーニブティックのテイストを取り入れていて、上品な雰囲気の中でお茶を楽しむことができます。

ドリンクはお茶やコーヒー、ノンアルコールカクテルの種類が沢山あり、それぞれにお洒落なフレーバーの組み合わせと、名前が付けられています。

ノンアルコールカクテルの中でもお気に入りだったのは
「ミラノ」…アールグレイとローズのシロップをソーダ割り

「ニューヨーク」…ダージリンとブルーベリーのシロップのソーダ割り
の2種。

お酒の飲めない私にとっては、ノンアルコールドリンクのメニューが豊富なのは嬉しいポイントでした。




















スタンドには可愛らしいデザインのスコーンやスイーツ、フィンガーフードが綺麗に並べられています。


























































甘いメニュー、しょっぱいメニューがバランスよく取り入れられていて、最後まで飽きることなくお茶を楽しむことができます。







































お食事の最後にはアルマーニの特製チョコがいただけます。
落ち着いた空間の中でお茶とお食事をゆったり楽しむことができ、しっかりリフレッシュすることができました。

【『アルマーニ リストランテ銀座』の情報はこちら】
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13044618/

2019年8月1日木曜日

信太康代の歳時記⑨~お教室近く、はちみつ専門店のアイス&シャーベット~

お教室の近くにある、ニュージーランド産はちみつ専門店の『PBees(ピービーズ)』。
今回は、こちらのお店の商品の中でも、暑い季節にぴったりなアイスをご紹介したいと思います。
 
マヌカハニーを贅沢に使用した「マヌカアイスクリーム」と、ニュージーランド産メイヤーレモンを使用した「レモンシャーベット」は『PBees』の人気商品だそうです。
 
 



この時期におすすめなのは、さっぱりとした味わいの「レモンシャーベット」。
砂糖や添加物を一切使用することなく、酸っぱすぎず、甘すぎない優しい味わいが魅力的です。

しゃくしゃくの食感も楽しく、メイヤーレモンの爽やかな風味は、まさに暑い今の季節にぴったり。
お客様にお出ししても喜ばれそうです!
 
その他、『PBees』では100%ニュージーランド産生はちみつの他、はちみつクリームをサンドしたどら焼き、プリン、チョコレートなどのはちみつスイーツも販売しているとのこと。
 
お教室へいらした際に、訪れてみてはいかがでしょうか?
 
 
【『PBees』公式サイト&通販】
 
 




2019年7月27日土曜日

信太康代の歳時記⑧~トランプ大統領が食べたハンバーガーのお店~



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年、トランプ大統領が来日した際、安倍首相と共に埼玉県のゴルフ場にて、日本政府が厳選したハンバーガー店のハンバーガーを、ランチとして食べたことがニュースになりましたね。
 
そんな話題のハンバーガー店、東京港区、芝公園駅近くの『マンチズバーガースタンド』では、トランプ大統領が食べたものと同じメニューをいただくことができます。
 
今回お友達のお家が近いということもあり、連休だったので30分ほど並んで食べてきました。
 



 
トランプ大統領が食べたとされているのは「コルビージャックチーズバーガー」のセット。
迫力のあるハンバーガーに、ポテト、コールスローがセットになっています。







『マンチズバーガースタンド』のハンバーガーは、なんといってもUSビーフをたっぷり使用した肉厚のパテが特徴的。
こだわりのUSビーフは、塊肉からミンチにしているのだそうで、ステーキを食べているかのようなジューシーな味わいが楽しめます。

また、「コルビージャックチーズバーガー」にはモントレージャックチーズとコルビーチーズの2種のチーズが採用されています。
肉厚パテからあふれ出る肉汁と、コク深い2種のチーズがなんとも言えないコンビネーションでした!
 
ハンバーガー屋さんなのにポテトを褒めるのも何ですが、みなさん同じ意見らしく、ポテトはカリカリで、今まで食べたフライドポテトの中ではダントツ1位の美味しさでした。
 
 

 
お近くの方は、是非行列を覚悟で行ってみてくださいね!
 
 
【公式サイトはこちら】
https://munchs.jp/

2019年7月24日水曜日

信太康代の歳時記⑦~おしゃれなジャムをいただきました~

先日、頂戴したジャムはとってもおしゃれで、二層になっています。
どちらも大好きなテイスト2種なのですが、これを混ぜるとまた全然違ったテイストのお味になるから不思議です。

下のミルクチョコレートは紅茶の風味で、上のラズベリーのジャムも酸味が効いていて、バランスのいい味わいです。

ジャムといえば1種類で、量が多いと少し飽きが来てしまう印象ですが、このジャムは飽きずにパンの味も引き立ててくれるので、プレゼントにもおすすめです。


















下の画像の一番左はアーモンド&マスカルポーネのクリームとキウイジャムの二層で、中央は塩キャラメルのジャムです。
 どちらも私の大好きなセレクトで、とても嬉しいです。
 
ちなみに伊勢丹で購入することができるみたいですので、是非皆さんも美味しいパンと一緒に素敵な朝ごはんを楽しんでみてくださいね。

 
遊び心のあるジャムで、瓶もおしゃれですね。

 

 
どんなお味がするのかわくわくします。
ハードタイプのパンとの相性もぴったりでした!
 


【公式サイト(通販もこちらから)】
 
 



2019年6月10日月曜日

信太康代の歳時記⑥~コシの強いなめらかな舌触りの稲庭うどん~

秋田ご出身の生徒さんから先日、稲庭うどんをいただきました。

















以前から私はこの稲庭うどんが好きなので、頂戴したときはとっても嬉しかったです。

添えられている稲庭のつゆでいただいたり、私の夏の定番ですが、中華レッスンの際にジャージャー麺やごまだれの冷やし中華などでいただいたりすることがあったのですが、今回はいただいた箱の中に入っていた、レトルトのグリーンカレーとレッドカレーがございまして、つけ麺のようにしていただく、いつもとちょっと違った食べ方のご提案が出ていて、とても新鮮な感じでした。

早速、アシスタントたちとまかないで具だくさんのグリーンカレーを作って、食べてみました。














 
 
 
柔らかな鶏肉が入っていて、そこにたくさんの夏野菜を加えてみました。
ココナツミルクのまろやかな感じとマイルドな辛さが食欲をそそります。


















日比谷などに直営のお店もあり、そちらでも召し上がって頂けますが、稲庭うどんは店頭でも買うことができるので、是非夏の贈り物にいかがでしょうか?

【美味しい稲庭うどんが楽しめる『銀座 佐藤養助』さんはこちら】
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13033146

2019年4月23日火曜日

信太康代の歳時記⑤~お気に入りの中華3軒~

今回はGWを前に是非みなさんに行っていただきたい、中華のおすすめのお店をご紹介したいと思います。
 
日比谷『YAUMAY(ヤウメイ)』は、世界が注目するカリスマレストランプロデューサー、アラン・ヤウ(ALAN YAU)氏が手掛ける、日本初出店のお店だそうです。
 
店内のインテリアもとても素敵で、明るい感じで、飲茶のお店とは思えないほど、おしゃれな空間になっています。
 
飲茶のお味もとても洗練されていて、どれもとても美味しかったです。
 

ふわふわの生地でとろりとしたカスタードを包んだ「カスタードまん」 も美味しかったです。

 
 
こちらは地下鉄飯田橋駅からすぐの『中国菜 膳楽房』。
お値段はリーズナブルで、少しずついろいろと食べられるところがおすすめです。
 
「脱皮エビのエスニックマヨネーズソース」は、ほんのりカレー粉の効いた、エビマヨを思わせる甘辛な味付けが後を引く美味しさ。
エビが皮ごと頭からいただけてしまう程柔らかく、リピーターの方も多いお料理なのだそうです。
 
「根菜入り黒酢の酢豚」は、お肉も柔らかくて、カリッと揚がったさつまいもチップスと、山芋しか入っていませんが、こちらもなかなか後を引く美味しさでした。
 
 
名物の「里麺(リーメン)」は〆にぴったりで、緑色の汁なし麺。
ネギやザーサイが入っていて、ごま油の風味が効いている一品です。
 
 
『琥珀宮』は、パレスホテルの中にある、ミシュランの1つ星を獲得している中国料理店です。
私は今、ホテルの中華の中ではここが一押しだと思っています。
 
いろいろな前菜が少しずついただける、盛り合わせ4品も嬉しいですね。
左奥から時計回りに「フルーツトマトのはちみつジュレがけ」、
 
生姜の細切りととても合って、甘いお味付けが美味な「フォアグラの老酒漬け」
 
鶏肉が苦手な私も美味しくいただけた「蒸し鶏のネギ塩だれ」
 
柔らかいお豆腐の上にピータンを裏ごしたソースが敷いてあり、上にはピータンを角切りにして乗せてある「ピータン豆腐」 

 
いろいろな有名な数々のお料理がここではありますが、実はいつも〆でいただく飲茶の「焼餃子」が肉汁がほとばしるようで、絶品なのですよ!
 
こちらを食べに行きたいがために、他のものを注文している、といった感じです…(笑)
でも、他のお料理も間違いなく美味しいんですよ。


特に、ホタテと卵白のトリュフ風味の炒め物はまたまた絶品。

友人と2人で行くことが多いので、一人分ずつ小さいサイズでオードブルも、メインもご用意してくれるのも嬉しいですよね。


GWは少し混んでしまうかもしれませんが、機会がありましたら是非訪れてみてくださいね!

2019年4月17日水曜日

信太康代の歳時記④~ミルコロエイジングヨーグルト~

今回はまろやかなジャージー牛乳100%使用の注目のヨーグルト「ミルコロ エイジングヨーグルト」をご紹介します。
白くてころんとした瓶のデザインがとても可愛らしいですね。


「ミルコロ エイジングヨーグルト」は一般的なヨーグルトに比べて、およそ3000倍の乳酸菌が含まれているといわれています。
美容にも良く、女性誌にも多数掲載されているんですよ。


てんさい糖を使用しているため優しい甘さが感じられ、酸味も少なく、
食べやすい仕上がりになっています。
とっても濃厚なので、デザートにぴったりだと思います。

先日、このヨーグルトをご紹介してくださった日本橋室町のフレンチレストラン
『La paix(ラペ)』のシェフも今、デザートにイチオシでこれを使っているとの
ことでした。
『La paix』はリーズナブルで、フレンチでもちょっと和のテイストを取り入れていて、
私はとてもお気に入りの美味しいレストランです。

先日伺ったときにいただいた、メロンとメレンゲを焼いて合わせたデザートを
作っていただき、これが絶品でした。



これからの季節、マンゴーなどとも合わせてみたいですね!

【「ミルコロ」が購入できる「ふるまいマルシェ」サイトはこちら】
https://fullmai-marche.jp/lp/milk/milkoro/pc/

2019年3月12日火曜日

信太康代の歳時記③~ピンク色がかわいいソシソンルビーチョコレート~

今回はバレンタインやホワイトデーにぴったりな、かわいいピンクのチョコレート、
パティスリー『モンサンクレール』の「ソシソンルビーチョコレート」をご紹介します。



フランスやベルギーのチョコレートの会社からルビーチョコレート
というものが発売され、とても話題になっているとのことです。

ルビーチョコレートは着色料不使用なのにきれいなピンク色をしています。
これは天然のカカオ豆本来の色と、味を活かして作られているものなので、
ピンク色のチョコレートというと、今までは苺やラズベリーを着香したものが
多かったのですが、ルビーチョコレートはカカオ豆由来のベリー系の
強い酸味よりも優しい味わいが楽しめます。

 

白金に『ショコラティエリカ』という、皆さんもご存じかとは思いますが、
ミントの葉っぱの形のチョコを販売しているお店がありますが、
ここの「マ・ボンヌ」というチョコレートが私は大好きで、
一本は軽くいけそうな感じです。

こちらのピンク色バージョンがこの「ソシソンルビーチョコレート」です。

ドライフルーツやナッツ、マシュマロなどが入り、ベリー本来の酸味や
華やかさ、フルーティな香りがあり、色々な食感が楽しめて、
チョコレートの宝石箱のようで、女性へのプレゼントにもおすすめですよ。

2019年2月25日月曜日

信太康代の歳時記②~完熟デアルケトマトとゴールデンベリー~

今月は生徒さんからいただいた、三重県・伊勢志摩サミット2016年にて
採用され、振る舞われました「200%デアルケトマトジュース」の
元となっている、おいしいトマトと、フルーツホオズキ「ゴールデンベリー」を
ご紹介します。


私が留学していたスイスではチョコレートのコーティングをした、
ホオズキのチョコレートが、チョコレート屋さんのウインドウで、
他のボンボンショコラやケーキなどと共に並んでいたのを思い出します。

日本では食用のホオズキはあまり知られていませんが、ヨーロッパでは
ケーキの飾りなどにそのままチョココーティングしたものを
飾ったりしているんですよ。


デアルケトマトの「ゴールデンベリー」の糖度は14~20度、
海外ではスーパーフードとして親しまれていて、
甘くてフルーティなお味がしますよ。

これから注目のフルーツになるかもしれませんね!

【公式サイト】
http://www.dealke.com/

2019年2月7日木曜日

信太康代の歳時記①~最近出会った美味しいものをご紹介していきます~

2月の日曜日、この日はとてもお天気が良く、前から気になっていたパン屋さんを2軒巡りました。

1軒目は青山の『VIKING BAKERY F』
https://www.vikingbakery.jp/



















お土産に食パンの「プレーン」と「チーズ&ブラックペッパー」、「苺とマスカルポーネのサンドイッチ」を買ってみました。






















2軒目は六本木ヒルズの中にある『Bricolage bread & co.』
https://bricolagebread.com/















コンクリート造りのアーバンな雰囲気と、木のぬくもりを感じるインテリアが
とてもモダンな感じで、パンの種類もたくさんあり、こだわりの調味料や
食材を使ったメニューがパンと共にイートインできるようになっていました。

こちらでは「クロックマダム」と「ニシンのスモークとお野菜のタルティーヌ」と、
サラダとスープの付いたセットをいただきました。



































お土産にはインカのめざめを生地の中に混ぜ込んだ、ふわふわもちもちの
「チャパタポテト」というパンを買ってみました。















どちらのお店も新しいお店でお洒落な空間なので、ぜひ一度皆さんも
お天気の良い日にお散歩がてらいらしてみてはいかがですか?